So-net無料ブログ作成

3D [小話]

日曜日の朝、クラウス一家は、
いつもの様にテレビを見ながら食事をしていた。
テレビでは、3D映画や3Dテレビについての特集をしていた。
夫のクラウスと子供のクリスが、それを見ながら、
3Dすごい!とはしゃいでいるのが、
妻クラリスには、ちょっ気にさわった。
そして、昔の映画は3Dに負けない迫力があったのにと呟いた。
例に挙げた映画は、よりによって、いつもの八つ墓村だった。
「八つ墓村は凄かったんだから」
と、彼女は言った。
子供の頃、映画館にいとこと初めて二人で行って、
暗闇の中で観た映像がとても怖かった記憶が、
彼女の心に深く深く残っているのだ。
「鍾乳洞から双子のおばあさんが出てくる所なんか、怖かったよ。」
と、思い返した。
「双子のおばあさん?」とクリスが聞き返した。
「そう、双子のおばあさんが出てくるの」とクラリス。
「3Dメガネをかけると、おばあさんが一人になって、画面から飛び出してくるんだ!」
と、父親のクラウスがふざけて言った。
「うひひやぁ!」と、クリスが吹き出した。
画面から飛び出してくる老婆の姿を想像して、笑い転げた。
そんなクリスの姿は、どんな映像より生き生きしていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。