So-net無料ブログ作成

偉大なるジョブス [パソコン]

御存知の方も多いと思いますが、スティーブ・ジョブスという人は、アップルコンピュータを創立し、現在のCEOです。彼の人生は、まさしく波瀾万丈です。
多少間違えているかも知れないけど、簡単に紹介すると、
1955年に、私生児として誕生。後述の本によると、デイビッド・カッパーフィールドのような孤児は、想像もできないほどの不利な条件で人生を始めなければならない。
サンフランシスコに住む自動車の機械工ポールと妻クララに引き取られ、養子として育つ。
青春時代、エレクトロニクスや"ヒッピー文化"の洗礼を受ける。
1975年、ジョブスは20歳で、友人であるエレクトロニクスの天才ウォズと二人でガレージで会社を作り、最初のパソコンともいうべきアップルIIや、マウスやウインドウを備えた革新的なパソコン、マッキントッシュを売り出す。アップルIIはウォズの設計による製品で、マッキントッシュは、ジョブスがチームを鼓舞して作り上げた製品ともいうべきものであった。
アップルは大きな会社となっていた。ジョブスは人の能力を引き出すが、その言動から人から恨まれることも多く、創立から10年、ペプシから社長に招いたスカリーにアップル社を追い出される。この時、若干30才。
次にジョブスは、NeXTという新しいコンピュータの会社をつくります。また、ジョージ・ルーカスが離婚費用捻出の為に売り出していたピクサーを買いとります。

月日がたち90年代後半、アップル社は、Windwosに押され、またMac の心臓部である次ぎのOSの開発に躓き、他のOSを求めることとなる。この代替OSとして、BeOSや、WindowsNTと争って、最終的にNeXTのOSが選ばれ、ジョブスのNeXT社は高額でアップル社に買収される。そして、NeXTのOSをベースにMacOSXが開発されることとなる。
NeXTの買収とともに、アップル社に奇跡的に復帰したジョブスは、暫定CEO(iCEO)として、iMacやiPodを売り出し、瀕死だったアップル社の経営を立て直す。ピクサーもアニメ映画のヒット作を連発し、ジョブスはカリスマ経営者としての名声を不動のものとする。

さて、15年以上前の古い本だけど、ジョブスが、アップル社を追い出された、最悪の頃に書かれた本『スティーブ・ジョブズ パーソナル・コンピュータを創った男』(原題は、STEVE JOBS The journey is the reward )が手元にある。(rewardは報いの意味もある。)
最近は、ジョブスは、こうした本が書かれるのは嫌がっているようだけど、この本は、取材が充実していて凄い本だと思う。

この本の扉には、スコット・フィッツジェラルドが29才で書いた『グレート・ギャツビー』
(野崎孝訳)から、次ぎの箇所が引用されている。
----------------------------------------------------------------------------
・・・ギャツビーが、ディズィの家の桟橋の突端に輝く緑色の灯をはじめて見つけたときの彼の驚きを思い浮べた。彼は、長い旅路の果てにこの青々とした芝生にたどりついたのだが、その彼の夢はあまりに身近に見えて、これをつかみそこなうことなどありえないと思われたにちがいない。しかし彼の夢は、実は彼の背後になってしまったことを、彼は知らなかったのだ。ニューヨークのかなたに茫漠とひろがるあの広大な謎の世界のどこか、共和国の原野が夜空の下に黒々と起伏しているあのあたりにこそ、彼の夢はあったのだ。
----------------------------------------------------------------------------

この一文は、『グレート・ギャツビー』の最後の方の、素晴らしく美しい文章である。
20年前、アップル社を離れNeXTを始める時のジョブスの心境を表すのに使われている。
しかし、ジョブスはその後、流れに逆らい、力のかぎり漕ぎ進み、
夢をまたもや掴んだかのように見える。

1ヶ月ぐらい前に紹介されていたスティーブ・ジョブスのスピーチの日本語訳は、
とても良いものなので、未だの方は御一読をお勧めします。
http://pla-net.org/blog/archives/2005/07/post_87.html


nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

秋の日差しについて考えたこと [宇宙]

台風が去り、昼はまだまだ暑いものの、朝夕は涼しい風が吹き、
秋の日差しを感じる様になった。

秋の日差しは少し眩しく、目を細めると光が黄金色にきらきら輝いて見える。
日の光は、木々の葉からこぼれ落ち、建物の壁を暖かい色で染めあげ、
景色が美しく見えて、気持ちが良い。

地球の軸は、黄道面(公転面)に対する法線に対して、23.4度傾いている。
だから、地球が1年かけて太陽の回りをまわる間、太陽の光を受ける角度が変わり、
四季がうまれる。

季節で、太陽自体の色が変わる訳ではなく、
究極的には季節の差は、日差しの角度の差だけである。
それで、どうして日差しの感じ方はこれ程変わるのだろう。

学校で習ったけど、日差しが低いと、地面の単位面積当たりの日射量は減る。
だから、日差しが低いと涼しくなる。
また、太陽からの光は、地面に届くまでに大気中を長く通る。
そのため、波長の長い赤い光が届きやすく、秋の日差しは暖色に感じるのだと思う。
なお、朝日に比べて、夕日の光の方が水蒸気の多い空気中を通る為、
夕日の方がより赤くなりやすいらしい。
(そして空が青いのは、波長の短い青い光の散乱のためという。)

日差しの角度は、季節だけではなく、一日の中でも変化していく。
日差しの角度という観点からのみ考えれば、
夏の日に朝早く起きれば、まだ日差しの角度が低く、
秋の日の午前中と同じような、日差しの角度になる。
してみると、秋の日の日差しは、
部活なんかで早起きした、夏の日の早朝の日差しと同じなのかも知れない。

季節が変わっても、普通、我々の日々の生活の時間帯はそれ程変わらない。
だから、洗濯を干したり、通勤通学をしたりする時に、
すっかり日差しが変わったなぁと感じるのだろう。

季節により、日の出、日の入りの方向も変わる。
道路や建物は、東西南北を基準に作ってあり、日差しの方向や影の出来方が変わることも
季節による日差しの感じ方の違いに影響があるのかも知れない。

こうしたことが色々関係しているのだろうけど、
一つの生物として、日差しの変化を直接感じ、
秋の日差しを気持ち良く感じられることは、本当に素晴らしいことだと思う。
食べ物も美味しい季節になりますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

笑う牛の系譜 [村上春樹]

村上春樹さんの作品『風の歌を聴け』の9章に、次ぎの場面があります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
彼女は疑わしそうに車のまわりをゆっくり歩いて一周してから、ボンネットに白ペンキで大きく描かれた牛の顔をしばらくじっと眺めた。牛は大きな鼻環をつけ、口に白いバラを一輪くわえて笑っていた。ひどく下卑た笑い方だった。
「あなたが描いたの?」
「いや、前の持ち主さ。」
「何故牛の絵なんて描いたのかしら?」
「さあね。」と僕は言った。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あらためて問う。何故花をくわえた笑う牛の絵なのだろうか?

今年7月に偕成社文庫で出た新訳で、ドイツの作家ケストナーの『飛ぶ教室』 (Das Fliegende Klasszenzimmer)を先日読んだ。 1933年に出版されたこの作品は、高等学校(ギナジウム)の寄宿舎での少年たちと先生の心温まる交流を描いた名作である。この小説には、エドアルドという可愛いい茶色の子牛が出てくる。登場シーンでは、口に黄色いマーガレットをくわえている。
この本が出版された年、ヒトラーが政権を獲得し、ナチスに反抗したケストナーの本は、ナチスにより燃やされました。(こうした焚書の場面は、映画インディ・ジョーンズ3にも出てきます。)

1936年にアメリカの作家マンロー・リーフ(絵:ロバート・ローソン)により、
『はなのすきなうし』(THE STORY OF FERDINAND )という絵本が出版されれます。
闘牛よりも花が好きな牛、フェルジナンドの話です。
中表紙の絵(日本語版では表紙の絵)では、フェルジナンドは花を一輪口にくわえています。
英語版の表紙の絵では、フェルジナンドは下卑た笑い顔をしています。
そして、この本も、ヒットラーにより燃やされます。

花をくわえて笑う牛というと、私はエドアルドとフェルジナンドのことを思い出す。
現在、『飛ぶ教室』も『はなのすきなうし』も、世界中の子供たちに愛読されている。

Story of Ferdinand (Picture Puffin)

Story of Ferdinand (Picture Puffin)

  • 作者: Munro Leaf
  • 出版社/メーカー: Puffin
  • 発売日: 1977/06/01
  • メディア: ペーパーバック


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アフリカの羊男 [村上春樹]

なんなのか、よく分かりません。
愛・地球博のアフリカ共同館の中に、
ひっそりと、目立たなく立て掛けてあった絵です。

「羊をめぐる冒険」に挿入されている
ハルキ画伯による無精髭を生やした羊男の絵とも、
佐々木マキさんの描く可愛いくて優しい羊男の絵とも、
異なりますが、この姿はまさしく羊男です。

アフリカ(あるいは世界のどこか)に、羊男は存在し、
アフリカの羊男と交流した人物により、この絵は描かれた。

そんな風に感じる絵だった。

あるいは、アフリカでも「羊をめぐる冒険」が、
出版されているのだろうか?


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

気になること [パソコン]

8月4日にアップルのiTMS(iTunes Music Store)が日本でも開始されました。
今迄は試聴専門でしたが、これで私も気軽に買うことができます。
そして、ソニーさん次第でしょうが、日本のアーティストも、これから増えていくのでしょう。
今後の展開がとても楽しみです。

さて、先日の万博で乗ったTOYOTAの自動運転のバスはIMTS(Intelligent Multimode Transit System)でした。iTMSとIMTS、なんだか、紛らわしいです。
そういえば、TOYOTAのMarkXという車の名前もアップルのMacOSXとちょっと紛らわしいです。

しばらく前のことですが、マイクロソフトのWindowsの次期バージョンがVIstaという名前になることが発表されました。Vistaとは、眺めとか未来への展望というような意味があり、
確かにWindows(窓)という言葉との相性も意味も申し分なく、良い言葉を見つけたなぁと思います。少なくても、XPは、何だ?という感じだったのですが、Xの次ぎにVから始まる言葉を持ってくるセンスも中々良いです。
ただ一つ、気になることは、Vistaという言葉を聞いて、真っ先に連想する言葉が、「トヨタ ビスタ」であることかなぁ。(皆さんもそうですよね?)

話しは変わりますが、昨日のTBSテレビでやっていた、原爆をテーマにした番組『ヒロシマ』は、いろいろと考えさせられる番組だった。
http://www.tbs.co.jp/sengo60sp/
今日は、何年かぶりに黙祷をしました。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。