So-net無料ブログ作成

2001年の思い出 [映画]

僕が少年時代、科学館のプラネタリウムが好きだった。
ドームの中が星空になるのが、なんとも好きだった。
よく父親にせがんで、街の中心近くにある科学館に連れていってもらった。

1978年のその日、科学館は休館だった。
じゃぁ、映画でも見に行くかということになった。
僕は、『スター・ウォーズ』が見たい!と言った。
まだ見ていなかったのだ。

ところが、科学館の横には大きな映画の看板がたっていた。
そこには、宇宙に浮かぶ宇宙ステーションと宇宙船の絵が描かれ、
『2001年宇宙の旅』と書かれていた。
そして、看板には『スター・ウォーズ』のジョージ・ルーカスが、
究極的なSF映画だと絶賛するコメントが書かれていた。
『スター・ウォーズ』より凄い映画なのか、と僕はびっくりした。
これに行くか?と父親は言い、僕は、期待に胸を膨らませ、うんとうなずいた。

僕はそれまで、東映マンガ祭りを見に、小さな映画館にはいったことがあったが、
大きな映画館には入ったことがなかった。
(だから、それまでのベストワンは、『長靴をはいた猫 80日間世界一周』だった。)
そして、その日入った映画館は、とっても立派な映画館だった。
僕らが映画館に入った時、映画は上映の途中だったらしく、
父は休憩までロビーで待とうと言った。
『2001年宇宙の旅』は途中で休憩が入るのだ。

ロビーで待っている間、父は、この映画館は、
シネラマ方式で、いつも見ている映画館の映画とは違い、
まるで映画の中に入ったような感じとなるらしいと言った。

僕は、立体映画なんだろうか、と好奇心を感じて、ドアをこっそりと開けて、
中を覗いた。中は広大な暗闇で、その中を、宇宙船が飛んでいた。
そして、看板にあった、宇宙ステーションがまわっていた。
僕は、本物を見ているような錯角を覚えた。

僕は、早く中に入りたくなった。親をせかして、中に入った。
空いている席にすわった。大きなスクリーンに驚いた。
(後で知ったが、当時、東洋一の大きさだったらしい)

僕は、食い入るように画面を見つめた。驚きの映像の連続だった。
宇宙ステーションの中の彎曲した白い廊下にモダンな椅子。
地球を背景に電話。優雅な月への飛行。
月面。何かが発掘された。モノリスに触ろうとする人間。
突然、耳を突ん裂くような大きな信号音。
劇場が明るくなり、休憩となった。

ぼくは放心状態だった。
明るくなって見たスクリーンは、彎曲していた。
映写機は3台あって、右、真ん中、左をそれぞれ写していた。
これも後で知ったのだが、当時、普通の35mm映画何かは、2台の映写機を
交互に使うので休憩が不要だが、シネラマ方式は一度に3台の映写機を
使うので、フィルムの切れ目で、一度休憩を入れて、3台の映写機に
フィルムをセットするのだ。
3台の映写機から3つの光が、スクリーンを照らし出す。
これもワクワクする体験だった。

続きが始まった。
最初見たのと異なる、遠くまで行く宇宙船の中で、宇宙飛行士がぐるぐる走っている。
そして、HALという賢いコンピュータ。
宇宙飛行士とHALは、信頼で結ばれているようだったのに、何かが狂っていく。
息が詰まるような緊張感。HALの反乱。そして、HALの停止。
そこから、先は、何だか未知の体験だった。
言葉にならない衝撃的な映像体験。ここは宇宙のどこなんだろう。
耳に入るのは呼吸の音。
また、地球に戻ったのだろうか。それとも宇宙の果てなんだろうか。

興奮につつまれて、わけがわからないで映画は終わった。
何でも知っている父親も分からないようだった。
最初の方を見ていないから、分からないのかも知れない。
次ぎの回を見ることとなった。

本編上映前の映画のコマーシャルでは、
無気味なオーメン2のコマーシャルが印象に残っている。
特に、予告編に映っていたカラスの姿が。うなされそうだ。

そして、『2001年宇宙の旅』が始まる。
アフリカの猿の群れだ。バグみたいな動物と一緒に、岩場にいる。
なんだか、不思議な光景だ。そして、もっと不思議なことに、
モノリスがでてきた。
なぜ、モノリスがここにあるのだ?
そして、画面は、宇宙の場面に変わる。
最初に、ドアに隙間から見た宇宙船の場面だ。
驚きにつつまれながら、また月面の信号音の所まで見た。

家に帰る途中も、帰ってからも、僕は、ずっと『2001年宇宙の旅』のことを考え続けた。
その日から、夜、眠れなくなった。
夜の闇は、宇宙の果ての闇のようだった。
寝息は、宇宙を彷徨う宇宙飛行士の呼吸音だった。
不眠は1週間続き、そして幸運にもまた眠れるようになった。
しかし、『美しく青きドナウ』の曲を聞くと、僕はいつでも
宇宙に心が飛んでいくようになった。
だから、学校の掃除の時間に『美しく青きドナウ』が
いつもかかっていた時期は、掃除しながら友達と話していても、内心動揺していた。

2001年は、その時随分未来のことのように感じていたが、今では既に昔となった。
だけど、心の中の2001年は未だ未来にある。

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2005/04/22
  • メディア: DVD


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

200と210 [言葉]

200という数字を見ると、いつも動物園を想像する。
それは、つい"ZOO"と読んでしまうからだ。
頭に浮かぶ動物園の風景では、動物達が眠り込んでいる。
zoo- zoo- と、寝息をたてながら。
小さなサイは、どんな夢をみているのだろうか。

キング牧師の見た夢は、
ミシシッピー州やアラバマ州で黒人の差別が無くなることだった。
この夢は、かなっているのだろうか?

今年、大型のハリケーン カトリーナが
アメリカ合衆国の南東部を襲ったのは8月末。
日本では、立春から数えて210日目である二百十日(9月1日頃)は、
台風が通過することが多い厄日で、「風祭り」と呼ばれている。

追記:
以下のサイトの救助活動の写真は見ごたえがあります。
http://www2g.biglobe.ne.jp/~aviation/kouzui.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空への返事 [宇宙]

5日前の15時55分、
私は、仕事を中断して、階段を登りはじめた。
普段は、その階段は登ることは無いが、その日には理由があった。
一番上まで着くと、扉を開けて屋上に出た。
屋上は25メートルプールぐらいの広さで、何も無く、がらんと開けていた。

丁度、西側に向かって立っていたので、目線より少し高い所に太陽があり、
光りが眩しかった。光りの周りは青空が広がっていた。
16時丁度に、ドイツでも、東京でも、新潟でも、
色々な場所で、同時に空を眺めている人たちのことを想った。

私は手を広げた。
静かな光に包まれ、身体の中まで光りに洗われるのが分かった。
大げさかも知れないが、恩寵ともいうべき、しあわせを感じた。

降りようと思って振り返ると、白い半月が浮かんでいた。

空からの挨拶は、以下にあります。
http://blog.goo.ne.jp/seedsbook/e/9ae631fde2a7513cbd62ac242e690b4f


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

来なかったエレベータの謎 [パズル]

サザンのニューアルバム『キラーストリート』予約しました。
タイトルがビクター青山スタジオの前を通る「外苑西通り」の通称だと聞いて、ビートルズのABBEY ROAD かと思っていたけど、公開されたジャケットを見たら、そのまんまですね。
こういう学生バンドぽさがたまらなく好きです。
7年ぶりのオリジナルアルバムですか。そうですか、随分待った訳だ。謝罪CMに笑。

で、話は変わるけど、この間、デパ地下で買い物をした後のことです。
地下1Fから上に登るために、エレベータの前に行きました。
小柄なお婆さんが、先に上のスイッチを押して待っていました。

エレベータは左右に2つあり、スイッチはその間の壁に上下に2つついていました。
上下に2つあるのだけど、下の階は無いので、2つとも上の矢印が書いてありました。
で、どうして、2つあるのかというと、下のスイッチには車椅子のイラストが横に書いてあります。車椅子の人の為に、低い位置にスイッチが用意してあるのです。
先に待っていたお婆さんは、手が届き易い、このスイッチを押して待っていたのでした。

エレベータは、なかなか来ません。
子供を連れた母親もやってきて、エレベータを待っています。
しばらく待って、やっと、左側のエレベータが降りてきました。
階数の表示を見ていると、やっと1Fまで降りてきました。
1Fは乗り降りが多いのでしょう。しばらく止まっています。
やっと動き出しました。と思ったら、何とそのまま上に行ってしまいました。えぇぇ!

子供が、「降りてこなかったよ、どうして??」と母親に聞いています。
上行きのスイッチは確かに押してあります。
スイッチの故障かもしれないなぁと思った私は、もう一つの上行きのスイッチを押しました。

しばらくして、今度は右側のエレベータが降りてきます。
1Fまで来て、またしばらく止まっています。
そして、今度は地下1Fまで降りてきてくれました。
ほっとして、お婆さんと、親子と私は、このエレベータに乗りました。
子供は、乗り込むと早速、壁についているバーにつかまって、7Fのスイッチを押しました。
私は、目的の4階を押しました。 

4階についてエレベータを降りると、たまたま、
もう一つの左側のエレベータが上から降りてきていて、お客さんが降りていました。
私はふと、あることを確認しようと思い、
通りすがりに、このエレベータの中をちらりと見ました。
結構混んでいます。そして、私はどうしてこのエレベータが来なかったのか分かりました。
さて、どうしてこのエレベータは来なかったのでしょうか?
皆さんは、どう思いますか?
私の推理は・・・また書きます。
待たせて御免。

追記)答えは、コメント内にあります。

キラーストリート (初回限定盤DVD付)

キラーストリート (初回限定盤DVD付)

  • アーティスト: サザンオールスターズ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴッホ展とマジック・キューブ [美術]

昨日、ゴッホ展を見てきました。
お盆休みにも見に出かけたのですが、その日は月曜日だったので休館日でした。
その次ぎの日曜日にも出かけたのですが、凄い人で、券を買うのに30分待ち、
入館するのに60分待ちという、万博状態だったので、恐れをなし諦めたのでした。

で昨日、三度目の正直、三顧の礼だと意気込んで、夕方仕事帰りに寄りました。
(いつもの閉館は午後6時迄なのですが、金曜日は午後8時迄だったので)
すると、普通の美術展ぐらいに空いていて、大正解!
ゴッホの絵をじっくりと、間近に、見る事ができました。
ゴッホの絵をこんなにまとめて見たことは無かったので、とても感激しました。
絵のことを良く知らないので、もっと激しい筆遣いかと勝手におもっていたけど、
丁寧で、知性的で、優しい感じすらしました。
ただし《糸杉と星の見える道》は、妖気が漂っていましたが。

写真は、お土産に買った、マジック・キューブです。
ゴッホの色んな絵が出てきて楽しいです。遊び過ぎて壊れちゃいそうです。。



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。