So-net無料ブログ作成

ラストダンスの悲劇 [パソコン]

お久しぶりです。すっかりごぶさたでした。
K2に登頂にいっていたわけではありませんが、
いろいろありまして、しばらく更新できませんでした。
最大の理由は、愛用のiMacが臨死状態となってしまったことです。
思い返せば、可愛そうなことをしました。

私が最後に書いた、このブログへのコメントは次のものです。
>私は、15年以上Macを使っています。(特別なことはできませんが。)
>いつも、Windowsをメインにしようかと悩んでいるのですが。
>ずるずると使っています。
>そうしている間に、とうとうインテルのCPU搭載のiMacとMac Book Pro出ちゃいましたね。
>iMac(7年目ぐらい)を買い替えたくなってきた。。

iMacにも感情があるのですね。思わず臨死のiMacを抱きしめてやりました。
今までのiMacとすごした青春が走馬灯のように浮かんできます。

今までもらったメールや、写真や音楽や、いろんなデータが消えてしまったので、
かなり落ち込みましたが、まぁ、何とか気を取り直して、
新しいコンピュータを買いました。

次のコンピュータは、何にするのか、インテルのCPU搭載のiMacも触ったりして、
いろいろと悩んだんですが、とりあえずVaioノートを使うことにしました。
それでも、やっぱりApple製品が好きなので、
早速、VaioノートにiTunesをインストールしています。、
今iTunesに最初に入っていたBeethoven :Symphony No.9(Scherzo)が流れています。
いい感じです。

で、どうしてタイトルが『ラストダンスの悲劇』かというと、
iMacが突然クラッシュしたのが、『ラストダンスを踊らなかった真犯人』
という記事をブログにアップしようとしたその瞬間だったからです。
失われてしまったこの記事、タイミングを逸しましたが、
気が向いたらまた思い出して書きたいと思います。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私の脳年齢 [パズル]

正月のテレビを見ていて、松島菜々子さんの「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」
(NINTENDO DSのソフト)のCMが、とっても気になっていました。
というのは、私は、その前作の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を
年末からやっていたからです。

最初に、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」で脳年齢のチェックをしたら、55歳でした。
(CMで松島菜々子さんが、げらげら笑っている脳年齢は、これより3歳若い!)

画面に表示される黄色で書かれた「あか」という文字を「きいろ」と読み上げていくような、
問題は、最初は本当にとまどいました。
おもいっきり、文字を読んでしまったり、
何故、発音した音を認識してくれないんだ!とか、いろいろありましたが、
だんだん、コツが分かってきました。

文字は見ないで、色にだけ注意をはらう。
黄色の文字は、「きいろ」と読みあげなくても、「きー」と発音すれば認識してくれて、
時間が短縮できる、等。

しかし、既にあった技術とはいえ、タッチパネルへの手書き文字認識や音声認識等、
良くできています。(ボタンは、電源スイッチ以外、ほとんど触っていない。。)
ゲームをやりなれていない私には、このインターフェースはとっても直感的で助かります。

さて、脳が鍛えられていっているのか、単にコツをつかんで、要領が良くなっているだけなんか、もしくは、その両方なのかも知れないが、脳年齢は若返っている。

その日その日の選ばれる問題によって、±10歳ぐらいのばらつきはありますが、
今日時点の私の脳年齢は、21歳です。ちょっと自慢。(20歳が最高らしいので。)

ほぼ日刊イトイ新聞での紹介記事
http://www.1101.com/nintendo/brain/index.html

脳を鍛える大人のDSトレーニング
http://www.nintendo.co.jp/ds/andj/

もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング
http://www.nintendo.co.jp/ds/anmj/index.html


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

三谷さんのダブル・ブッキングにとほほ [misc]

あけまして、おめでとうございます。
良い年になりますように。

さて、今年の1月3日の夜9時から、何を見るかは、本当に頭が痛い。
『新選組!!  土方歳三最期の一日』と、『古畑任三郎ファイナル』、
どちらかはビデオに撮らなければならないし、さらに、『里見八犬伝〜後編〜』も見たい。
(昔、NHKの人形劇ではまったので。。) どうしょうか。
『新選組!!  土方歳三最期の一日』と、『古畑任三郎ファイナル』は、
どちらも三谷幸喜さんの作品なので、何とかならなかったのか。
三谷さんは、エッセイであやまってくれていたけど。
そして、三谷さんは、どちらだけを選べないので、
どちらも見ないというようなことを書いていたけど。。 
割り切れない気持ちが残る。
NHKは、BSデジタルで、今日先行放送される『新選組!! 土方歳三最期の一日』を
見て欲しいということか、とひがみたくもなる。

そういえば、昨日の大晦日に夕方テレビで、
『古畑任三郎』の再放送とその後の、正月の『古畑任三郎ファイナル』の特集を見ながら、
なにげにラジオをつけたら、そこにも三谷幸喜さんが出てきた。
ここでも、ダブル・ブッキングが発生していた。確信犯か。

三谷さんはラジオで、映画『THE有頂天ホテル』について話していた。
(詳細は、http://www.avanti-web.com/pastdata/20051231.html
『THE有頂天ホテル』は、大晦日の夜の10時から始まって、
12時ちょい過ぎに終わるリアルタイムの映画らしい。

ここで、思い出したことがある。2003年の紅白歌合戦の審査員を、
有頂天でやっていた三谷さんの姿である。
大晦日の夜、リアルタイムで繰り広げられる、舞台の上の豪華出演者による人間模様、
カウントダウン・パーティといったら、まさに紅白歌合戦ではないか。
こんな所にも、映画のヒントがあったのかも知れない。

副長、ひとすじナワでいかない人たちとの司会御苦労様でした。
(そういえば、昨年も元日は、紅白と新選組!のことを書いたなぁ。)


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。