So-net無料ブログ作成
検索選択

BLUE PLANET [宇宙]

前回、雨と曇りの日が続くと書いたのに、
昨日から突然、暑い夏が始まった。

暑い夏が始まると、
地球温暖化が進んでいるのかなぁと思う。
そして、100年ぐらいすると、
地球はどうなるのだろうという気持ちになる。
間違いなく、地球はもっと暑くなっているだろう。

しか、同時に、
採掘できる石油がほぼ確実に無くなるだろうし、
原子力については良く分からないが、
天然ガスなどと同じく資源に頼るものは、
いつかは限りがあるであろうから、
持続可能なものとしては、最終的には
水力、風力、太陽光などの自然エネルギーだけになるだろう。

増えた地球の人口に対して、
エネルギーは圧倒的に不足し、
クーラーなどは贅沢品となり、
みんなで、団扇や扇子を扇いでいるかも知れない。
パソコンは、手回しハンドルで発電しているのかなぁ。
腕が鍛えられそうだ。

消費するエネルギーという観点からは、
22世紀にも関わらず、19世紀以前の生活に戻るであろう。
都市の利点は大幅に減少する。
都市化により、暑いだけである。
食料も無い、仕事も無い。
多くの人々は、涼しく、自給自足が可能な
田舎へと帰っていくかも知れない。

ガソリンで走る車は、無くなるだろう。
走る車の無い道路は、
子供たちの遊び場になるかも知れない。
そうなると安全な遊び場が増えて子供たちは喜ぶ。

残り少ないエネルギー資源の争奪戦の後、
大量のエネルギーを消費するアメリカ文明の時代も、
滅んでいった他の文明と同じ様に終焉を迎え、
イスラムも石油が発見される前の、
のんびりした時代に戻るかも知れない。

あるいは、こうした予想とは全く逆に、
派手な原子力時代や、
月のヘリウム3を採掘して、月で発電し、
マイクロウェーブで地球にエネルギーを送電するような、
ことになっているのかも知れない。

とか、暑さでぼーとする頭で、SFぽいことなど、考えていたら、
日清のカップヌードルのCMが目にはいった。
大友克洋が参画しているFREEDOMのCMは、とってもカッコイイ。
こう暑くては、カップラーメンは食べる気は、しないが。
http://freedom-project.jp/
(↑とにかくカッコイイので一度観てみて下さい。)

CMに曲も使われている宇多田ヒカルアルバム『ULTRA BLUE』
も最近良く聴いている。
今まで、彼女のアルバムは敬遠していたのだが、
このアルバムは、結構いいのではないかと思う。


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨と曇りの日が続く [misc]

大河ドラマの『功名が辻』を面白く観ている。
どの役者も役柄に良くあっていると思う。
(足利義明はちょっと無理がありましたが。笑)
秀吉役の、柄本明が、特にぴったりである。
猿の怪しい雰囲気が良くでている。

少し前の放送で描かれた、長篠の戦いは、
少し物足りなかったので、
DVDで『影武者』を借りてきて見返した。
この黒澤明の映画は、
子供の頃、地元の映画館に連れて行ってもらい、
心に残った映画である。
戦死したの武田信玄の影武者を務めることとなった、
一人の男の話である。

信玄にそっくりの容姿と機転で、
周りのものも本物と信じ込ませることに成功していたが、
信玄の愛馬に振り落とされ、
影武者であることが、ばれてしまい、
雨の中、とぼとぼと館から追い出される。

そして、激しい長篠の戦いが始まる。
子供の時の印象は、ここは、すざまじい映像表現で、
馬が撃たれて倒れて、人が投げ出され、地獄と化す様子が、
駅馬車のクライマックスの様に、
あるいは『プライベート・ライアン』のノルマンディー上陸の映像の様に、
マザマザと描かれていた印象があったのだが、
違った。

青空にぽっかりと浮かぶ白い雲の下、
槍を合わせる、騎馬隊の隊長達。
風、林、火の騎馬隊が順に信長の柵めがけて駆けて行く。

そして、鉄砲隊が騎馬隊にめがけて一斉射撃するシーンが、
静かに繰り返し描かれた後、
もう既に、あたり一面に馬と兵隊が倒れているシーンだった。

その倒れている馬と兵隊をカメラは、執拗に写し続ける。
そこには、冷静な目と強烈なメッセージが込められている様に感じる。
馬の嘶きは、ピカソのゲルニカの様。
その一部始終を眺め、戦場に立ち尽くす、影。

ピカソのゲルニカは、昔、実物を見たことがある。
巨大な絵だった。
分厚い防弾ガラスに囲まれたモニュメントの様で、
圧倒的な迫力で、戦争が描かれていた。
今回映画を見返して、この絵のことをふと思い出した。

最近読んだ本。
司馬遼太郎の『坂の上の雲』
大変な労作だと思う。
また読み返す事になるだろう。
(江川達也の漫画『日露戦争物語』も、面白い。
アシスタントを使ってた時期の絵の方がいいと思うけど。)

NHKはスーパー大河として、
本当に『坂の上の雲』を作るのであろうか?
脚本家は、果たして?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

祭りと猿 [風景]


京都 祇園祭りに行ってきました。
凄い人でした。


また、嵐山に出かけ、渡月橋を渡って、
いわたやまという山に登りました。
ここは、野生の猿がいて面白かったです。
京都市内も一望できて、気持ち良かったです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キムタク似 [misc]

その日、僕は電車に乗っていた。
二人がけの席のうち、窓際の席に座っていた。
僕の横には女性が座っていた。

ある駅で、人目を惹く若者が乗ってきた。
いかにもキムタクに似せた、
髪型、ファッション、格好の若者だった。
(といっても、僕はキムタクのことはあまり知らないのだが。)

Tシャツのイラストは、何故かチェ・ゲバラだった。
僕は、iPodでたまたま、
ジョン・レノンの"Give Peace a Chance"を聴いていたので
ワォと思った。
キムタク似は、僕の座席の横の通路に立った。

次の駅で、僕の横の女性が降りて、
キムタク似が、僕の横に座った。

しばらくして、
僕は、読んでいた本がきりがついたので閉じた。
すると、となりのキムタク似が、敏感に反応し、
突然、足をきゅっと体に寄せて、前を通れるようにした。
僕が、次の駅で降りると思ったようだった。

しかし、僕は次の駅では降りない。
キムタク似は、ずっと足を体に寄せて、身を屈めて、
ずっと待っていた。
しかし、僕は、降りないのだ。
僕が降りるのは次の次の駅なのだ。だから、ほっといた。
(降りませんよと言うか、そのそぶりを見せるべきだったのだろうか?)

やがて電車は駅に到着し、ドアが開き、人が出入りする間、
ずっと、キムタク似は、ずっと、その窮屈な格好のままだった。
しかし、ドアが閉まりかけようとした瞬間、豹変した。
キムタク似は、突然、足をどかっと投げ出した。
こんなに生意気な足の投げ出し方があるのだと関心するぐらいに
見事な足の投げ出し方だった。

怒っているに違いない。と僕は察した。
僕はキムタク似に怒られるようなことをしたのだろうか。
気まずい気持ちだった。

電車が動き出した。
その気まずい雰囲気の中、しばらくして、
僕は、聴いていた音楽のきりがついたので、
こそっとiPodを鞄に片付けようとした。

すると、何と、キムタク似は、またしても敏感に反応し、
投げ出していた足をすっと手前に寄せて、身を屈めたのだ。
怒っていたのではないのか?

確かに僕は次の駅で降りる。
しかし、次の駅まではまだ、大分時間がある。
席を立つべきなのだろうか?
キムタク似にせかされて、席を立つのも悔しかったので、
大人気ない僕は、しばらくほっといた。
キムタク似は、健気にそのままの格好を保っている。
プレッシャーがかかる。
とうとう、僕は耐えられなくなって、
駅につくのは大分早いのだが、立ち上がった。
そして、キムタク似の前を通る時、「すみません」と小さな声で言った。
いつも、前を通る時にいう、「すみません」は、
こんなに気持ちをこめてはいないのだが、特別に力が入った。

気が利きすぎるのも、周りに気を使わせるものである。
キムタク似、そんなに気を使わない方が、
周りも自分も自由に生きれると思うよ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旅路 [misc]

タテナヒ ナカタ ナヒタ
カテタヒ ナヒタ
タヒシ カナタ

立てない 中田 泣いた
勝てた日 泣いた
旅路 彼方

ブラジル戦の後、グランド
仰向けになり、涙を浮かべる中田
理想のサッカーであれば、勝てたのだ。
旅は彼方まで続く

グラッチェ、ヒデ


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

パスを通して、ゴール! [パズル]

ブラジルも、イングランドも去ってしまいました。
さぁ、どこが優勝するのでしょうか。

さて、先週のパズルの答えです。
S(スタート)からG(ゴール)まで、
"点々"(破線)と、"棒"(直線)を交互に通って行くという
パズルでした。
答えを示します。

まっすぐの攻撃では、ゴールが決めれず、
一度ボールを戻して折り返し、
サイドからセンターリングして決めるというのが答えです。
そして、全員にパスを回す必要があるというのがこの試合の鍵でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。