So-net無料ブログ作成
検索選択

100%リアルなLOVE [音楽]

ザ・ビートルズの『LOVE』というアルバムがある。
と書くと、ファンの人に怒られるかもしれない。

「驚異の最新作登場!」という触れ込みで、去年の秋に売り出されたアルバムである。
5人目のビートルズともいわれるサー(サーをつけた方が失礼にならないかな)
ジョージマーティンがその子息と、膨大な音源をミキシングして作り上げた
最新作というもので、ちょっと調べると、もともと2006年6月開幕のラスベガス
ミュージカルショー『LOVE』のために仕上げられたスコアという、
ずぶずぶとショー・ビジネスに漬かった作品のようだった。

僕は、リアルタイムでビートルズを体験した世代では無い。
とはいっても、その音楽の素晴らしさは良く分かるし、
学生時代に一通りは、それなりに、熱心にアルバムも聴いたことがある。
今だって、ハードな一日だったって時や、銀のハンマーで心を打ち抜かれた時には、
古いCDを取り出して聴くことがある。

去年の秋のことだった。
「今度出たビートルズの『LOVE』ってどう?」
と突然、彼女に聞かれた。
「ビートルズに対する冒涜だ!」と僕は、しゃくに障るかのように答えた。

ビートルズ原典主義という言葉があるのかどうか定かでは無い。
しかし、まるで、僕は、ビートルズ原典主義の信者の様にその教義を切々と説いた。
例えば、ラジオで聞いた、新しい「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」は、
全く、あのストロベリー・フィールズ・フォーエバーではなかった。
そこには、異次元に連れて行かれるかのうような狂気も、孤児院に対するなつかしい思いも、
音楽的な風格も、いちご畑の中の人参の様に見当たらないと。

そして、秋が過ぎ、寒い冬も、暖かな春が来ても、
僕はあいかわらず、海の底へ逃げてしまいたい様な夜や、ブログの記事が書けない夜は、
古いビートルズのCDを取り出しては、慈しむようにして、聴いていたような気がする。

昨日のことである。
たまたま、新聞にジョン・レノンとオノ・ヨーコと『Grow old with me』という曲
のことが書いてあった。
ジョンの曲を猛烈に聴きたくなった僕は、部屋でジョンの曲を聴いていた。
すると、突然、僕の目の前に、ザ・ビートルズの『LOVE』が差し出された。
「去年渡せなかったの」と、彼女は言った。

こうして、僕らは年を経ていくのだろう。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さよならロボット [風景]


秋の日に、ロボットたちとの別れのニュース
前に紹介したロボットミュージアムが休館となる。
http://www.robot-museum.net/

先週もショップエリアに遊びにいったばかりだった。
結構人が入っていたので、このニュースには驚いた。
ロボットと出会える、こういう夢のある場所は好きだったのだが。
いつか再開してくれると嬉しい。
写真は、入り口のロボットです。

下の写真は、前に紹介した、店内で売っているスターウォーズのジオラマです。
30年前の時間を永遠に閉じこめているかのようです。
後ろに見えるのは、鉄人28号の胴体です。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハリー・ポッターを読み終わる [本]

『Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)』を読み終わる。
J.K.ローリングは、この終わりが書きたかったんだと、再び深く納得する。
この終わり方に向けて、かくも広大で緻密な物語の世界を生み出した作者の
はてしない想像力に感動する。

ストーリーに触れるので、まっさらな状態で本を読みたい方は、
続きを読まないで下さい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

風を感じて [映画]


スクリーンの中で流れる風を感じる。
海と空の美しさと、それを感じることが出来る人間の素晴らしさを見る。
館内が明るくなる迄、流れる音楽に心と体をゆだねる。

映画を観た後で、自分の中の何かが変った感じがする。
僕も、彼女と手をつないで人生を生きていけたら、と思う。

そして、本屋で一冊の本を買った。
映画『Life 天国で君に逢えたら』の主人公、
飯島夏樹さんの著書『ガンに生かされて』
これから読みます。

ガンに生かされて (新潮文庫 い 82-2)

ガンに生かされて (新潮文庫 い 82-2)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

iPhoneをめぐるクラウス家の会話 [小話]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
iPhoneの写真を物欲しそうに眺めているパパを見て、クリスが聞く。

クリス: iPhoneいつ買うの?
パパ : 安くなったら
クリス: いつ安くなるの?
パパ : みんなが持つようになったら
クリス: どうして安くなるの?
パパ : 最初は、高くても買う人がいるけど、
     そういう人が皆買っちゃったら、
     安くないと買わない人ばかりになるだろう。
     そういう人ばかりになると安くなるんだよ。
クリス: パパみたいな?
パパ : そう、パパみたいな。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今週、新しいiPodが発表されたら、
クラウス家では、またこんな会話が繰り返されることでしょう。

新聞で連載されている「ちびまる子ちゃん」の
友蔵と、まるちゃんの会話みたいに。

追記:この記事の後、9/5に刷新された新iPodシリーズの発表が行われました。
 そして、その発表の最後に、もう一つびっくりさせることがあるんだなぁという感じで、
 何故か突然、iPhoneの200ドルの値下げが発表された。
 クリスは、パパ安くなったよ、買おう!とつっこみを入れるのだろうか?
 どうするクラウス? 


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。