So-net無料ブログ作成

床屋発、宇宙行き [宇宙]

今日はいい天気、秋晴れである。
朝一番に、床屋に行った。

髪を揃え終わり、頭を倒して、あつあつのタオルを顔に乗せてもらって、
剃刀で髭をしゅるしゅると、あたってもらっていると、
気持ち良くて、つい夢うつつになった。

髭を剃ってもらっていると、子供の時に読んだ童話が思い浮かぶ。
王様の耳はロバの耳と、もうひとつ。
タイトルも内容も忘れちゃったが、3人の兄弟の話。
一人は、蹄鉄を素早くうつ名人だった。
王様の前で走っているシカに、素早く蹄鉄をうった。
もう一人は、髭を剃る名人だった。
髭を剃られている人は、剃られていることに気づかないぐらい軽やかに、
髭を剃ることができる。
そして、王様の前で走っているシカの顔のヒゲを剃った。
後の一人は、なんだったかな? いつもここで思考が中断する。

そういえば、テレビ番組で見た、ポアンカレ予想を解いた
ロシアの数学者グリゴリー・ペレルマンの髭は見事だった!

ポアンカレ予想とは、
「ロケットに結びつけた紐を、宇宙の中をぐるっと巡らせて、
その紐を全部回収できたとすれば宇宙はおおむね球体であるっていえる」
みたいな問題で、
「宇宙は8つの形に分割できるとするサーストンの幾何化予想」
を証明して解いた、ということが紹介されていた。

万華鏡の中に8つ異なった形のビーズを入れて、くるくる回すと、
色々な模様が現われるけど、結局8つビーズの組み合わせに過ぎない。
宇宙も、この万華鏡の様なものらしい。
8つの形の内、紐を回収できる形は球形だけだから、
ペレルマンは、8つの形に分割できることを証明することで、
ポアンカレ予想を解いたという。

ペレルマンは、フィールズ賞も拒否して、人を避け、隠遁生活を送っているそうだが、
番組で紹介された昔の彼は、笑顔の魅力的な人物だった。
昔の写真の中の彼の"眼"は、とても魅力的で自信に満ちていた。
まるで、アップル社のスティーブン・ジョブスの様だった。
しかし、見事な髭と、うつむいて歩く姿は、深い思索を秘めていて、
2001年宇宙の旅を撮った、スタンリー・キューブリックに似て見えた。

昨日は、アップル社から、Mac OS X Leopard が発売となった。
このOSは、宇宙を背景にしているパッケージが素敵だ。

てなことを考えているうちに、散髪が終わり、
僕は、秋空の店の外に出た。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
見た番組は、『NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~』
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071022.html


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんな落語があるのかと目から鱗、耳から鼻息 [言葉]

スゥ。さんに教えてもらって、立川 談笑さんの『シャブ浜』なる
怪しいタイトルの落語を聴いた。凄いものを聴きました。
現代的で、臨場感たっぷりですが、古典に対するリスペクトもひしひしと伝わってきます。

Podcastで配信されていますが、以下のダウンロードをクリックして、
しばらく待つと、ブラウザ上で聴くこともできます。
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/2007/08/post_a7eb.html

元ネタの『芝浜』も、聴き直したいなぁと思ったら、
なんと、古今亭 志ん生の『芝浜』も公開されていました。
太っ腹ですね。
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/2007/09/post_6457.html


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:お笑い

なぞなぞ回文への招待 [パズル]

僕のひそかな(ひそかでもないが)楽しみは、なぞなぞ回文である。
先日sknysさんと、とスゥ。さんと、こにゃさんに、
「謎々回文編曲賞」と、「100回文達成nice!記念コラボなぞなぞパリンドール賞」をいただいた。
とても光栄なことである。

作成した作品並びに受賞式については、
P A L I N D R O M E〔1 0 0〕にてご覧いただけます。

sknysさんのブログで、定期的に(?)なぞなぞ回文が出されますので、
興味を感じた方は、一度のぞいてみて下さい。

過去の問題は、パリンドル(なぞなぞ回文集) に紹介されています。


nice!(1)  コメント(15)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

獣(じゅう)の夢 [小話]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼくは森の中にいた。麦わら帽子をかぶった父が一緒だった。
木がおいしげる小路に、座れるぐらいの石があり、父はそこに腰を下ろした。
そして、持っていたスケッチブックを広げて、ぼくに見せた。

そこには、ありえない形をした怪獣の姿が書かれていた。
「そんな怪獣はいないよ」と、ぼくは言った。
父はだまってページをめくった。
そこにも、星形を捻ったような怪獣の姿が書かれていた。
「そんな怪獣もいないよ」と、ぼくは言った。
父は次のページを開いた。
そこには、毛むくじゃらの巨人の姿が描かれていた。
「これならいそうだね。」と、ぼくが言うやいなや、
どこからか、ズトーン、ズトーンという足音が聞こえてきた。
森の中から巨人が近づいてくる。そして、同時に父の姿が消えた。
ぼくは怖くなって走り出す。森の中の崖をかけおりる。

視界がひらけ、目の前にキャンプ場があらわれる。
人々がパニックになって走り回っている。
叫び声が聞こえる。「こっちはダメだ!」「道は封鎖された!」
逃げ道はどこにもない。

パニックの中、ぼくは一軒のコテージに気づく。
このコテージには隠れる場所があるのをぼくは知っている。
和室の畳の下に、秘密のシェルターがあるのだ。
ぼくは、人々をコテージのシェルターに誘導する。
そして、入り口の上に畳を戻し、人の気配がないように気をつける。

そして、現状を把握するため、コテージの中のテレビをつける。
ニュース番組が始まる。
アナウンサーは、新総理が決まった事を告げる。
そして、いつもの様に国際ニュース、経済、社会の話題。
このキャンプ場に巨人が現われたニュースは報道されないのか
と、やきもきする。
その時、テレビにこのキャンプ場の映像が映る。アナウンサーは言う。
「キャンプ場で、集団催眠事件が発生しました。」
集団催眠事件? 催眠? ぼくは深い闇に落ちていく。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここで、目が覚めました。
夢を見ていたというより、催眠術にかかっていた様な感じでした。
最近、『海馬』とか『数学的にありえない』とか、脳の中の不思議さをテーマ
にした本を立て続けに読んだので、こんなサイコ・サスペンス・チックな夢を
見たのかも知れません。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。