So-net無料ブログ作成

すべてで森となる(Inside to outside) [小話]

僕はミステリィなるものを読む習慣が無かったので、
森博嗣さんの読者となって、まだ1ヶ月ぐらいだけど、
スカイ・クローラ・シリーズ5冊と、短編2冊と、水柿先生のを2冊目迄と、
『すべてがFになる』と、を読んだ。とても面白く引き続き、
長編を読んでいこうと思う。
(ちなみに瀬名秀明さんの『デカルトの密室』をその後に読んだら、
何か話がシンクロしているように感じられた。)

さて、森さんの本を読んでいたら、
僕も日常で体験した、ミステリィチックな出来事を
ちょっと書きたくなった。全くたいした話ではないけれど。
(と書くことで謙遜している訳ではなく文字通りの意味です。)

学生の時のことである。
研究室の先生から、「報告書の差し替えを行うから、ゼミの部室に集まるように」
と、指示があった。
ぼくら学生5名は、仕方がないなぁと、ゼミ部屋に集まった。

ゼミ部屋には、並行に長机が5列並べてありには、
各々の机には、1000頁級のぶあつい報告書が、10冊づつ
ニュータウンを空から眺めたように、整然と並んでいた。

「差し替え頁は、20枚づつ。頁番号を確かめて、差し替えて欲しい。
各机で、一人10冊だ。」
生徒が各机に移動すると、先生は、皆に差し替え用の頁
20枚の紙を10セットづつを入れ子に積んだ束を、数を確認しながら配った。

「抜き取った古い頁は、床に捨てて、後で、20×10=200枚あることを
各自確認して欲しい。」と先生は言った。

差し替える頁は、報告書の中でかたまっておらず、
ばらばらの場所のため、最初は、要領がつかめず、手間取ったが、
なれてくると、手の感覚で差し替える場所が大体分かるようになり、
スピードアップした。
こうした、単純作業のコツをつかむのが割りと得意な僕は、
結構集中して、さっさと終わらせた。
自分の床に散らかった差し替え済みの頁を集めて、
先生に言われた様に、数を数えたら丁度200枚だった。
完了! 僕は、皆が終わるまで一休みしていた。

前の机のSさんも差し替えが終わり、床に落ちた紙を束ねて数え始めた。
「あれぇ、1枚足りない。」
Sさんは、もう一度数えたが、やっぱり1枚足りないようだった。

他の机の下に1枚まぎれたのかも知れない。
そして、他の3人が終わるのを待ったが、他の3人もぴったり
200枚だった。

1枚は、どこに消えたのか?
他の学生が、
「抜き忘れがないか、10冊の差し替え場所を確認するしかないだろう」と言った。
(それなら、差し替えた199枚の紙から足りない紙を調べて、
10冊のその頁を探した方が少し早いかな)

Sさんは、踏ん切りわるそうに「ちゃんと抜いたと思うんだけど」
と恨めしそうに、床を眺めて言った。

普段から、僕は、無くし物をした時は、
そのありかは、頭の中にあると考えている。
その時、僕は、ふとひらめいた。

僕は、Sさんにいった。
「だめもとでいいんだけど、ちょっと、
10冊の最後のページを確認してもらえる?」

Sさんは、どういうことだか、ピンとこなかった様だけど、
横にならんだ、差し替え済みの10冊の報告書を、順番に持ち上げて、
最後のページを見て言った。
「あぁ!あった!」
途中の1冊の一番下に、最終頁では無い頁、すなわち探していた紙が、くっついていた。

「えぇ、どうして、わかったの??」とSさんは、僕に言った。
僕は、探偵のようには上手く説明できなかったので、
「木を隠すなら森に隠せって、言うじゃない」と適当にごまかした。

どうしてそうなったかは、言葉をつくせば、
きっと論理的に説明ができるのであろうけど、
それには興味はない。

ひょっとしたら、一休みしている時に、
無意識でSさんの作業の段取りを観察していたのかも知れない。
と考えることもできる。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インディの帰還 [映画]

子供の頃、『レイダース』を映画館で見て、
映画ってこんなに面白いんだって、目を丸くした。
トラックの追跡のシーケンスや、
潜水艦の上から手を振るインディの姿の面白かったこと。
そんな状況は、リアルに考えればありえないのだけど、
映画の中の世界では、それは、手にとるようにリアルなのだった。

そして、貨物船の中でのキスシーンといった、
インディとマリオンの、ブコツで、ちょっと粋なロマンスに
子供心に、胸をときめかしたりした。
映画の最後で、ふたりは、腕を組んで、階段を下りていく。
これから、ふたりは、どこに飲みに行ったのだろう?
そして、この先、ふたりは、どうなるのだろう?と、
勝手に思いを巡らせたりした。

2作目のヒロインは、歌手ウィリー(ケイト・キャプショー)で、
えぇ!マリオンでは、ないの? と思った。
時代的に1作目より前という設定なので、
マリオンというのは有り得ないという訳で、
しょうがないなぁと納得せざるを得なかった。
2作目のケイト・キャプショーは、どたばたしていて、
当時は、見ていて、やり過ぎだよなぁと思っていたけれど、
先日、テレビでやっているのを見直したら、
結構、がんばってやっているなぁと好感が持てた。
その後、ケイト・キャプショーは、スピールバーグと結婚。
きっと、その明るさで、
夫のスピールバーグを支えていることだろう。

3作目は、1938年という設定なので、こんどこそ
マリオンは?と思ったが、
親子で、新しいヒロインの美女エルザにのぼせたりしていた。。
毎回、違う女性とのロマンスがあるという、007と同じ展開なのねと、
マリオンとのロマンスの続きはもう諦めるしか無かった。
この3作目は、インディは、父と子の絆を確認して、
ある意味、完璧な完結の仕方をした。
だから、もう、この映画の続編は無いものだと思っていた。

それが、3作目から19年たって、インディの帰還である。
これが、見ないでいられるだろうか?

長い前振りでしたが、そういうわけで、今朝、
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を見てきました。
同窓会に行ってきたような、そんな、ぼーとした気分です。
ネタばれになるので、内容は書かないけど、
マリオンが出てきて、本当に嬉しかった!

ユーモアがあって、温かくて家族的で、
50'Sや、ちょっとしつこいアクションシーンや、
変な場面も、どれも、スピールバーグとジョージルーカスの
映画で、お馴染みであった。
とっても居心地が良く、映画って楽しいなぁと、
また子供心に戻って、楽しんできた。

この映画は、アカデミックではない。
(本当はアカデミックだなぁと時々思っているけど。)
そして、つっこみ所が満載のちょっとおバカな映画である。
だけど、この映画には、温かい心がある。
インディ、おかえり。

P.S.
ロシアでは、この映画はソ連を侮辱していると批判されているとか、
原住民の描き方が酷いとか、
核に対して無神経だとかいう、前評判を聞いていたけれど、
僕が見た限りでは、製作側にそういう意図は感じられなかった。
(というか、そういう誤解を受けないように、誠意を込めて
作っているようだった。今までに彼らが製作した映画を見ていれば、
言うまでも無いことなのだけれど。)

nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。