So-net無料ブログ作成

サンタからの伝言 [小話]

これは、僕が子供の頃の不景気な年のクリスマスの話。

いつもの年だと、クリスマスが近づくと、
今年のサンタクロースのプレゼントは何だろう?
と、期待に胸を膨らますのだが、
その年は、今年はあまり期待はできないなぁと、
子供心に、分別のある判断をしていた。
いつもなら、サンタさんに何を頼むのか、
母さんに、さりげなく尋ねられたりするのだけれど、
その年は何も聞かれなかったからだ。

1週間ぐらい前になると、
母さんが、下駄箱の上に作りつけた物置から、
クリスマスツリーの入った箱を取り出してきて、
一緒に飾りつけをした。
枝を広げ、綿の雪を載せて、
天使や雪だるまやステッキのモールを取り付け、
ツリーの頭に金色に輝く星の飾りをつけた。
最後に、点滅をする小さな電飾を枝に巡らせて完成だった。
クリスマスツリーを居間に飾ると、気分は一気にクリスマスだった。

クリスマスイブの日、
いつもの年だと、母さんは、昼のあいだに、クリームを泡立て、
イチゴを沢山盛り付けたクリスマスケーキを作るのだけれど、
その年は、ケーキを作らなかった。

夕方になって、いつもより早く、父さんが仕事から帰ってきた。
手には、箱を持っていた。
「なに? その箱?」と僕は聞いた。
「今そこで、サンタクロースに逢ったんだ。
今年は行けないから、代わりに子供に渡してくれって。」
と、父さんが箱を手渡した。

「え?」っと僕は驚いて、
父さんがサンタクロースに会っている光景を想像した。
白い髭を生やした赤い服を着て、
赤い帽子をかぶったサンタのおじさんが、
近所の道端で、父さんを呼びとめて、箱を渡している様子を。

箱の中は、クリスマス・ケーキだった。
母のケーキとはちょっと違って、イチゴは少ないけど、
代わりに、チョコレートで作られた小屋と、
ちょっと、とぼけた顔のサンタクロースのロウソクがのっていた。

父さんが、サンタクロースに出会ったと僕に伝えたことの驚きは、
色々な意味で、今でもはっきりと覚えている。
クリスマスツリーと、サンタからプレゼントされたケーキがあって
部屋はとっても暖かだった。

それから、何年かして、
『大草原の小さな家』で、同じようなエピソードが出てきた。
(プレゼントを渡すように頼まれたのは、
正確には、父さんではなくて、
エドワードおじさんだったかも知れないけれど。)

世の中は景気が悪かったり、大雪が降ったりで、
サンタクロースは、来られない年だってある。
そんな時は、サンタクロースは、どうやら大人たちに、
今年は行けないという旨の伝言を伝えるようだ。
そして、子供は、驚きを持ってそれを受け止める力がある。
毎年じゃなければね。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WALL・Eの効用 [映画]

2008_1210ウォーリー0054-2.jpg
先日、ピクサーのアニメーション映画『WALL・E(ウォーリ-)』を観ました。
ちょっと可笑しいなぁと思う点もあるのですが、
SFスピリッツと愛情が溢れた素晴らしい作品でした。

とにかく掃除ロボット WALL・Eのしぐさが愛らしい!
稼動部が少ないのに、本当に豊かな感情表現を行います。
また随所にクスッと笑わすユーモアのシーンが多く、
特に『2001年宇宙の旅』のパロディなんかは、
可笑しくってたまりませんでした。
また、随所に宮崎アニメへのリスペクトも強く感じました。

WALL・Eの姿を初めて見たとき、
映画『ショート・サーキット』(1986)に出てくるロボットや、
E.T.に似ているなぁと思いましたが、
映画を見ていたら、とりわけR2-D2に似ていると思いました。
音声をR2-D2と同じ、ベン・バートが担当しているからかも知れません。
ベン・バートの作り出す、とても生き生きとした音の世界は、
以下で楽しめます。
http://eiga.com/movie/53346/special/4#5
(同じ頁の他の動画を見ると、エイリアンのシガニー・ウィーバーも
意外な所で声優を演じているところが見えます。)

WALL・Eは未来の掃除ロボットですが、世間では、
既に掃除ロボット ルンバというのが売られているそうです。
http://www.irobot-jp.com/
これも、もっと進化して、より便利になったら、
各家庭に普及する日が来るかも知れませんね。

さて、WALL・Eを見たあと、何故か掃除がしたくなって、
季節がらもあり、家の大掃除をしました。
久しぶりに床にもワックスもかけました。
(家ではドイツのAURO社の自然素材のワックスを使っています)

床板がすべすべになって、生き返ったようで気持ちが良いです。
掃除もなかなか楽しいものです。
(僕はたまにしか掃除しないからかも知れないけど。。)

写真は、駅で配っていた映画のキャンペーン用の
ペーパー・クラフトを組み立てたものです。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

The Reader [映画]

ベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者(The Reader)』
が映画化されて、12/10から、全米で公開されるそうです。
(日本語タイトルは、『愛をよむひと』で2009/4/25公開予定)

監督は、アンソニー・ミンゲラーに替わり、
スティーブン・デーヴィッド・ダルドリー。
あの魅力的なハンナの役は、ケイト・ウィンスレット。
個人的には、ニコール・キッドマンより、適していて良かったと思う。

TIME誌のHoliday Movie Previewを読んでいたら、
ダルドリー監督は、セクシュアルな面と倫理面を掘り下げていて、
力強くて、鋭くて、心を打ち、火傷をするように熱い、
誠実さを描いているそうです。(誤読していなければ、多分。。)

『The Reader』の予告編は、以下で見ることができます。
http://www.apple.com/trailers/weinstein/thereader/
市電の車掌をするハンナの姿が見えます。
裁判のシーンも迫力があります。
裁判員制度も始まり、人を裁くことの難しさという点からも
見て見たいと思います。

なおケイト・ウィンスレットといえば、レオナルド・ディカプリオと
競演する「Revolutionary Road」の予告編を、以下で見ることができます。
まるでアメリカ大陸に渡ったローズとジャックの家庭を見るよう?
監督は、ケイト・ウィンスレットの夫のサム・メンデス。うーん、複雑。
http://movies.yahoo.com/premieres/9951304/
nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。