So-net無料ブログ作成
検索選択

鶏の夢 [小話]

鶏.jpg
鶏の夢

一昨日見た夢は、久しぶりにエンターティメント性が高いものであった。
夢の中に、現実に存在する人がでてきますが、
当然のことですが、面識はありません。
夢の中のこと(人物、組織、作品)は、
現実のこととは無関係であることを、最初にお断りしておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クラウスは、有名なアニメーション・スタジオにいた。
大御所監督のアニメーション映画が作られるのを見学していた。

明暗がはっきりした絵柄で、郷愁を誘う風景が描かれていたが、
あの世の世界が色濃く映し出されていた。

そこへ、スズキ・プロデューサーがやってきて、
「クラウス君、ちょっと」と、机に手招きした。

いやな予感がするなぁと、
クラウスが椅子に座ると、開口一番切り出した。
「きみ、次の作品の監督をしてくれる?」
あっけにとられたクラウスが、
「ぼくは、素人ですよ!」と言うと、
「君は絵がかけるから、映画もつくれるよ。」
と、スズキ・プロデューサーは、いかにも簡単なことの様に言った。
そして、
「鶏を題材に作って。いいね。」と、
クラウスに言い渡した。

クラウスは、泣く泣く、
大御所監督の絵コンテを片手に、
大部屋の片隅で、ノートに作品の企画書を書き始めた。
鶏のスケッチを書いては、そのキャラクターが動き出すのを期待した。
鶏は、動いてはくれなかったが、
やがて、表情を浮かべて、
鶏が住む世界について語り始めた。
クラウスは、忘れないように、
急いでそれをノートに書きとめていった。

気がつくと、部屋の中はガランとしていた。
スズキ・プロデューサーがやってきて、
「一緒に帰ろう」といった。
部屋には、もう一人だけ監督が残っていた。
スズキ・プロデューサーは、監督にに一緒に帰ろうと誘い、
部屋の電気を消した。

クラウスは、スズキ・プロデューサーと、尊敬する監督と
三人で道を歩いていた。
道端に、古びたビルが建っていた。
ビルの根元の地面は、大きくくぼみ、鉄骨が地中深くまで、
むき出しになっていた。

尊敬する監督は、かがんで、ビルの根元を覗き見た。
クラウスも真似をして、ビルの根元を見ると、水がたまっていた。
水の中を魚が小さな群れをなして泳いでいた。

クラウスは、その光景も面白かったが、
それにもまして、隣で一心不乱に、鋭い眼光でその光景を眺める
監督の姿に圧倒された。
この監督は、こうした風景が本当に大好きなのである。

二人の横にやってきたスズキ・プロデューサーに、
クラウスは軽い話でもしようと、子供時代の思い出話を始めた。
「ぼくは、子供のころ、空き地で、秘密基地を作ったものです。
ある日、基地を作るために、棒で地面にぐるっと環を描きました。
すると、環の中に水が湧き出したのです。
大地は、水の上に浮いているのかなぁと、その時思いました。」

その時のスズキ・プロデューサーの反応は、
全くクラウスが予期していないものであった。
「君には、がっかりした。
 帰ろうと誘ったのは、そんな話を聞くためではない。
 企画はどうなっているんだ。何故、企画の話を一言もしないんだ!」

あわてたクラウス。
「企画は出来ています。説明するには、
 落ち着いて話ができる場所がいります。」
と、とっさに答えた。

「よし、この先に、監督の家がある。そこで話を聞こう。」
監督の家まで、三人は無言で歩いた。
昔友達とよく遊んだ様な、平屋の庶民的な家についた。
元気の良い、お婆さんがいて、
「おや、早いお帰りだね。」と出迎えた。
子供たちが、家の中を駆け回って遊んでいた。
何だか、スタジオで見た監督の作品の一コマのようだった。

「この部屋で打ち合わせるから、入ってこないでね。」
と、スズキ・プロデューサーは家の人たちに伝えた。
いよいよ、その時がきた。
クラウスは、ちゃぶ台をはさんで、
スズキ・プロデューサーと監督と向き合った。

クラウスは、ノートを取り出し、表紙をめくる。
書いていた時の充実感は覚えているのだが、
正直内容は忘れかけていた。まぁ、中を見れば思い出すだろう。
しかし、そこには、
クラウスの見覚えの無い言葉が書かれていた。

「大きな人、心、国」

はぁ? という感じだった。
これは、まずいんじゃないか、直感的にクラウスは思った。
このスタジオは、小さなコミュニティである。
大きな組織というものとは、対極にある。
大きな国をテーマにすることはできない。
それに、鶏は、どうしたんだ?

しかし、心とは別に、クラウスは、雄弁に語っていた。
「ジョージ・オーウェルの「動物農場」を
現在の視点で作り直したいのです。
鶏が主人公です。ソ連崩壊後の社会、
金融工学による資本主義経済の繁栄と崩壊、
個人主義と全体主義。国とは何か?
鶏は、その流れを見つめ、
新しい夜明けを告げるのです。」

雄弁に語りながら、
クラウスは、言葉が、心を離れて、
勝手に宙で踊っているのが判っていた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで夢が覚めました。
普段、心の中で抑圧しているものが、
夢の中では噴出するのでしょうか。

スズキ・プロデューサーのポッドキャストを、
よく聴いていたため、こんな夢を見たのかもしれません。
夢の中のスズキ・プロデューサーは怖かった。(笑)
そういえば、高畑監督が、月から帰って来たかぐや姫を
題材に映画を作っているそうです。楽しみです。

夏休みの工作 おとなりくん [パソコン]

ぼくは、昔ながらの、
でーんと居間に居座って黒光りしているオーディオを持っている。
が、最近は、iPod音楽やポッドキャストを聴くことが多い。
iPodを使うときは、必然的にイヤホンで聴くことになる。

イヤホンは、外で使う分には便利だが、
やっぱり家では、スピーカーで聴きたいものだ。

だから、iPodと一緒に、気軽に家の中で持ち運べる、
「アンプ内蔵スピーカー」が欲しいと、前から思っていた。
もちろんこうした製品は、
家電量販店のiPodコーナーには結構あるのだが、
オーディオは既に持っているので、
お手軽なもので良いのだが、と考えていた。

そんなある日、東急ハンズの、夏休みの工作特集の広告を見た。
広告には、楽しそうな工作のキットがいっぱい載っていた。
その中に、1995円の「おとなりくん」があった。
「おとなりくん」は、ステレオアンプ内蔵スピーカーを
作るキットで、iPodとつないだ、写真が掲載されていた。

「おとなりくん」いいじゃないか!
ということで、早速、買ってきて、
お盆休みの半日をあてて、作ることにした。

結構コンパクトな箱をあけると、
抵抗やら、コンデンサーやらの部品が結構入っていた。
2つのスピーカーも、値段の割には、ずっしりして頼もしそうだ。

はんだ付けは、久しぶりだったが、
親切な取り扱い説明書に加えて、はんだ付けトラの巻き、
という小冊子まで付いていて、助かる。
数時間で、なんとか組みあがる。

部品の取り付けが間違えなかったか、
部品を壊したり、ショートさせていないか、
つのる不安の中、電池を入れて、iPodと接続した。

iPodでマイケル・ジャクソンのスリラーを選択して、
ポチッと再生を押すと、スピーカーから、
ギギギーと古びた扉が開く音がして、
アォー、アォーという雄叫びが聞こえ、
マイケルの歌が始まった。
すごい!やった!という充実感。

しかしながら、
このままでは、ちょっと音が軽いなぁと思い、
amazonで買い物をした時のダンボール箱に、
カッターで切り込みを入れて、
「おとなりくん」を取り付けてみた。
すると、格段に音の広がりが豊かになりました。
自分でいうのも、なんなんだけれど、かなりいいです。

2009_0822オーディオ0246-3.jpg

特に人の声に温かみがあって、
すぐとなりに歌い手がいるかのような人肌が感じられます。

今宵も、バッハのマタイ受難曲(BWV244)/リヒターなんかを聴いて
いにしえの声に思いを馳せましょうか。

伊吹山頂の花とわきたつ雲 [風景]

2009_0815伊吹0007-2.jpg

伊吹山に行ってきました。
天空に吹き渡る涼しくて心地よい風の中に、
可憐な花々が一面に咲いていました。

2009_0815伊吹0024-2.jpg

2009_0815伊吹0021-2.jpg

2009_0815伊吹0043-2.JPG

2009_0815伊吹0056-2.jpg

2009_0815伊吹-2.jpg

青空の中、谷間から雲が湧き出で、
霧になっては、風に流されていきました。

「近江」というこのあわあわとした国名を口ずさむだけでもう、
私には詩がはじまっているほど、この国が好きである。

という、司馬遼太郎のことばを思い出しました。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。