So-net無料ブログ作成
検索選択

過去と未来より来る旅人 [小沢健二]

旅人は楽団とともに町から町へと旅をする。
14年ぶりに僕らの町にもやってきた。

思い返せば、1996年のコンサート
旅人も僕らも若かった。
センスが良くて、はじけるような若い子たちが
声を合わせて歌いおどり、楽しくて楽しくて、
眩しい光に溢れるコンサートだった。
このコンサートを今後のスタンダードとすると、
旅人は言い、僕らは次のコンサートを夢見て待った。

それから、旅人は絵本の国を離れ、摩天楼へと旅立つ。
僕らは、ワールドカップのように4年に一度届くCDを、
元気でいると知らせる手紙の様に、心待ちにする。

旅人は、世界を旅する。
メキシコ、南アフリカ、ヨルダン。
やがて、小さな雑誌に物語の連載がはじまる。
僕らは世界についての子どもの純粋な見方を思い出す。

突然、14年ぶりのライブツアーが告げられる。
僕は願いを込めて申し込み、
幸運なことにチケットを手に入れる。

期待と不安の中、会場に行く。
ライブ会場の僕らは相応に年をとっているが、若い人も多い。
暗闇の中、なごや、ひふみよの掛け声で、
流星ビバップが始まる。
力強くて懐かしい歌声と軽快なリズムと深い音色。
突然光に照らされた旅人が言う。「ご無沙汰しています。」
華やかな夏の夜の祭りのような、夢の時間が繰り広げられる。
旅人の考えていること、思いが音楽にのってダイレクトに伝わる。
白い雪の上に残るうさぎの足跡のように、くっきりと伝わる。
僕らは、時を超え、空間を超える。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
てな感じで、小沢健二さんのライブに行ってきました。
最高に良かった!
夜のキャンプ場でのキャンプファイアの炎を
囲んで歌を歌うように、
ライブ会場のみんなが一体となって、
同じ時間を共有しているという感じが特に良かったです。
ネット上では、たくさんの人がその感動を文章に残していて、
それを探して読むのも、とっても楽しいです!

そして、旅人はまた旅立って行った。
また会えるかな?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。