So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ

Steve Jobs [パソコン]

10/24に発売される『Steve Jobs』の著者
ウォルター・アイザクソン氏が、
『TIME』10/17号に、胸を打つ記事を書いていた。
(拙い訳ですが、その一部を訳してみました。誤訳は御容赦。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
数週間前、カルフォルニア パロアルトにあるジョブズの自宅を最後に訪ねた。
ジョブズは、階段の登り降りができないほど弱っていて、1Fのベットに寝ていた。
痛みでベッドの上で丸まっていたが、その頭脳は相変わらず鋭く、
ユーモアは力強かった。

私たちは、彼の子供時代について話をした。
ジョブズは伝記用に父親と家族の写真をくれた。
書き手として、私は距離を置くようにしていたが、
さよならを言う時に、悲しみが胸を打った。
感情を隠すように、気になっていた質問をした。
「何故この本のためにプライベートな時間まで使って、
50本近いインタビューと、2年にもわたる対話をしたいと思ったんだね?」

「子供たちに私について知ってもらいたかった」と彼は答えた。
「子供たちと、いつもは一緒には居れらなかったから、
それが何故だったのかを知って、そして、
私が何をしていたのかを理解してもらいたかったんだ」

20111017.jpg

夏休みの工作 おとなりくん [パソコン]

ぼくは、昔ながらの、
でーんと居間に居座って黒光りしているオーディオを持っている。
が、最近は、iPodで音楽やポッドキャストを聴くことが多い。
iPodを使うときは、必然的にイヤホンで聴くことになる。

イヤホンは、外で使う分には便利だが、
やっぱり家では、スピーカーで聴きたいものだ。

だから、iPodと一緒に、気軽に家の中で持ち運べる、
「アンプ内蔵スピーカー」が欲しいと、前から思っていた。
もちろんこうした製品は、
家電量販店のiPodコーナーには結構あるのだが、
オーディオは既に持っているので、
お手軽なもので良いのだが、と考えていた。

そんなある日、東急ハンズの、夏休みの工作特集の広告を見た。
広告には、楽しそうな工作のキットがいっぱい載っていた。
その中に、1995円の「おとなりくん」があった。
「おとなりくん」は、ステレオアンプ内蔵スピーカーを
作るキットで、iPodとつないだ、写真が掲載されていた。

「おとなりくん」いいじゃないか!
ということで、早速、買ってきて、
お盆休みの半日をあてて、作ることにした。

結構コンパクトな箱をあけると、
抵抗やら、コンデンサーやらの部品が結構入っていた。
2つのスピーカーも、値段の割には、ずっしりして頼もしそうだ。

はんだ付けは、久しぶりだったが、
親切な取り扱い説明書に加えて、はんだ付けトラの巻き、
という小冊子まで付いていて、助かる。
数時間で、なんとか組みあがる。

部品の取り付けが間違えなかったか、
部品を壊したり、ショートさせていないか、
つのる不安の中、電池を入れて、iPodと接続した。

iPodでマイケル・ジャクソンのスリラーを選択して、
ポチッと再生を押すと、スピーカーから、
ギギギーと古びた扉が開く音がして、
アォー、アォーという雄叫びが聞こえ、
マイケルの歌が始まった。
すごい!やった!という充実感。

しかしながら、
このままでは、ちょっと音が軽いなぁと思い、
amazonで買い物をした時のダンボール箱に、
カッターで切り込みを入れて、
「おとなりくん」を取り付けてみた。
すると、格段に音の広がりが豊かになりました。
自分でいうのも、なんなんだけれど、かなりいいです。

2009_0822オーディオ0246-3.jpg

特に人の声に温かみがあって、
すぐとなりに歌い手がいるかのような人肌が感じられます。

今宵も、バッハのマタイ受難曲(BWV244)/リヒターなんかを聴いて
いにしえの声に思いを馳せましょうか。

iPhoneと初笑い [パソコン]

鏡開きも終わったところで、先日AppleのジョブズによるiPhoneの発表があった。


(この写真は、発表前の想像図です。)

実物は、http://www.apple.com/iphone/

ちょっと、ワクワクする製品だった。
この製品の発売と、この製品がもたらすであろう未来が待ち遠しい。

http://events.apple.com.edgesuite.net/j47d52oo/event/
のWatch iPhone Introductionの
00:33:20時点の親指と人差し指で、スクリーン上の写真をつかんで写真を拡大、縮小するインタフェースに感動しました。まるで、マイノリティ・レポートの冒頭で、トムクルーズが写真を操作している所の様です。

00:46:00時点の、Google Mapsで最寄のスターバックスを調べて、そこに電話をかけて5000人分を注文して、番号を間違えたといって切るところ所は面白かった。
(U2のボーノもコンサートでピザを注文したことあったっけ)

1:15:00時点のトラブル発生時点のフォローも最高です。詳細は、以下にあります。
『あのジョブズが「シェー」!? 謎のポーズの秘密を明かす』
http://mac.ascii24.com/mac/news/misc/2007/01/10/667110-000.html

気になったことは、
3.5インチのスクリーン上でのタッチパネルで、指による文字の入力はスムーズにできるのだろうかという点。昔、確か、お笑いタレントの石塚英彦さんが、携帯電話のボタンが上手く押せないと言っていたんだけど、こちらは遥かにに難しいだろうなぁ。
指が文字に近づくとその付近の文字が拡大される様にできればいいんだけど、
そんなに上手く検知する方法はないしなぁ。

iPhoneの名前については揉めているみたいですが、
iTVが、Apple TV(製品ではAppleは、リンゴのマークのロゴで表記)に
なったと同じく、発売時にはiPhoneも、Apple Phoneとなるということはないかな。
Appleの リンゴのロゴって丸々と太ったiの字みたいですし。(笑)


ラストダンスの悲劇 [パソコン]

お久しぶりです。すっかりごぶさたでした。
K2に登頂にいっていたわけではありませんが、
いろいろありまして、しばらく更新できませんでした。
最大の理由は、愛用のiMacが臨死状態となってしまったことです。
思い返せば、可愛そうなことをしました。

私が最後に書いた、このブログへのコメントは次のものです。
>私は、15年以上Macを使っています。(特別なことはできませんが。)
>いつも、Windowsをメインにしようかと悩んでいるのですが。
>ずるずると使っています。
>そうしている間に、とうとうインテルのCPU搭載のiMacとMac Book Pro出ちゃいましたね。
>iMac(7年目ぐらい)を買い替えたくなってきた。。

iMacにも感情があるのですね。思わず臨死のiMacを抱きしめてやりました。
今までのiMacとすごした青春が走馬灯のように浮かんできます。

今までもらったメールや、写真や音楽や、いろんなデータが消えてしまったので、
かなり落ち込みましたが、まぁ、何とか気を取り直して、
新しいコンピュータを買いました。

次のコンピュータは、何にするのか、インテルのCPU搭載のiMacも触ったりして、
いろいろと悩んだんですが、とりあえずVaioノートを使うことにしました。
それでも、やっぱりApple製品が好きなので、
早速、VaioノートにiTunesをインストールしています。、
今iTunesに最初に入っていたBeethoven :Symphony No.9(Scherzo)が流れています。
いい感じです。

で、どうしてタイトルが『ラストダンスの悲劇』かというと、
iMacが突然クラッシュしたのが、『ラストダンスを踊らなかった真犯人』
という記事をブログにアップしようとしたその瞬間だったからです。
失われてしまったこの記事、タイミングを逸しましたが、
気が向いたらまた思い出して書きたいと思います。


偉大なるジョブス [パソコン]

御存知の方も多いと思いますが、スティーブ・ジョブスという人は、アップルコンピュータを創立し、現在のCEOです。彼の人生は、まさしく波瀾万丈です。
多少間違えているかも知れないけど、簡単に紹介すると、
1955年に、私生児として誕生。後述の本によると、デイビッド・カッパーフィールドのような孤児は、想像もできないほどの不利な条件で人生を始めなければならない。
サンフランシスコに住む自動車の機械工ポールと妻クララに引き取られ、養子として育つ。
青春時代、エレクトロニクスや"ヒッピー文化"の洗礼を受ける。
1975年、ジョブスは20歳で、友人であるエレクトロニクスの天才ウォズと二人でガレージで会社を作り、最初のパソコンともいうべきアップルIIや、マウスやウインドウを備えた革新的なパソコン、マッキントッシュを売り出す。アップルIIはウォズの設計による製品で、マッキントッシュは、ジョブスがチームを鼓舞して作り上げた製品ともいうべきものであった。
アップルは大きな会社となっていた。ジョブスは人の能力を引き出すが、その言動から人から恨まれることも多く、創立から10年、ペプシから社長に招いたスカリーにアップル社を追い出される。この時、若干30才。
次にジョブスは、NeXTという新しいコンピュータの会社をつくります。また、ジョージ・ルーカスが離婚費用捻出の為に売り出していたピクサーを買いとります。

月日がたち90年代後半、アップル社は、Windwosに押され、またMac の心臓部である次ぎのOSの開発に躓き、他のOSを求めることとなる。この代替OSとして、BeOSや、WindowsNTと争って、最終的にNeXTのOSが選ばれ、ジョブスのNeXT社は高額でアップル社に買収される。そして、NeXTのOSをベースにMacOSXが開発されることとなる。
NeXTの買収とともに、アップル社に奇跡的に復帰したジョブスは、暫定CEO(iCEO)として、iMacやiPodを売り出し、瀕死だったアップル社の経営を立て直す。ピクサーもアニメ映画のヒット作を連発し、ジョブスはカリスマ経営者としての名声を不動のものとする。

さて、15年以上前の古い本だけど、ジョブスが、アップル社を追い出された、最悪の頃に書かれた本『スティーブ・ジョブズ パーソナル・コンピュータを創った男』(原題は、STEVE JOBS The journey is the reward )が手元にある。(rewardは報いの意味もある。)
最近は、ジョブスは、こうした本が書かれるのは嫌がっているようだけど、この本は、取材が充実していて凄い本だと思う。

この本の扉には、スコット・フィッツジェラルドが29才で書いた『グレート・ギャツビー』
(野崎孝訳)から、次ぎの箇所が引用されている。
----------------------------------------------------------------------------
・・・ギャツビーが、ディズィの家の桟橋の突端に輝く緑色の灯をはじめて見つけたときの彼の驚きを思い浮べた。彼は、長い旅路の果てにこの青々とした芝生にたどりついたのだが、その彼の夢はあまりに身近に見えて、これをつかみそこなうことなどありえないと思われたにちがいない。しかし彼の夢は、実は彼の背後になってしまったことを、彼は知らなかったのだ。ニューヨークのかなたに茫漠とひろがるあの広大な謎の世界のどこか、共和国の原野が夜空の下に黒々と起伏しているあのあたりにこそ、彼の夢はあったのだ。
----------------------------------------------------------------------------

この一文は、『グレート・ギャツビー』の最後の方の、素晴らしく美しい文章である。
20年前、アップル社を離れNeXTを始める時のジョブスの心境を表すのに使われている。
しかし、ジョブスはその後、流れに逆らい、力のかぎり漕ぎ進み、
夢をまたもや掴んだかのように見える。

1ヶ月ぐらい前に紹介されていたスティーブ・ジョブスのスピーチの日本語訳は、
とても良いものなので、未だの方は御一読をお勧めします。
http://pla-net.org/blog/archives/2005/07/post_87.html


nice!(2)  コメント(8) 

気になること [パソコン]

8月4日にアップルのiTMS(iTunes Music Store)が日本でも開始されました。
今迄は試聴専門でしたが、これで私も気軽に買うことができます。
そして、ソニーさん次第でしょうが、日本のアーティストも、これから増えていくのでしょう。
今後の展開がとても楽しみです。

さて、先日の万博で乗ったTOYOTAの自動運転のバスはIMTS(Intelligent Multimode Transit System)でした。iTMSとIMTS、なんだか、紛らわしいです。
そういえば、TOYOTAのMarkXという車の名前もアップルのMacOSXとちょっと紛らわしいです。

しばらく前のことですが、マイクロソフトのWindowsの次期バージョンがVIstaという名前になることが発表されました。Vistaとは、眺めとか未来への展望というような意味があり、
確かにWindows(窓)という言葉との相性も意味も申し分なく、良い言葉を見つけたなぁと思います。少なくても、XPは、何だ?という感じだったのですが、Xの次ぎにVから始まる言葉を持ってくるセンスも中々良いです。
ただ一つ、気になることは、Vistaという言葉を聞いて、真っ先に連想する言葉が、「トヨタ ビスタ」であることかなぁ。(皆さんもそうですよね?)

話しは変わりますが、昨日のTBSテレビでやっていた、原爆をテーマにした番組『ヒロシマ』は、いろいろと考えさせられる番組だった。
http://www.tbs.co.jp/sengo60sp/
今日は、何年かぶりに黙祷をしました。


Xbox 360 の名前について [パソコン]

ゲーム機に興味はさほど無いのですが、先日発表された、
MicrosoftのXboxの次世代機、Xbox 360 のスペックは凄いですね。
http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0505/13/news012.html

でも、私が興味があるのは、スペックでは無く、もちろん名前の方です。(笑)
なんで、Xbox 360 なんでしょうか? 360っていったい何?

Xbox 360のハードウェアを統括するJ・アラード氏は、“ゲーマーが中心にあるHD世代のマシン”であり、「全てのものがあなたの中心にあり、360度、あなたの周りを回っている」という意味から付けられた。と言っています。
彼曰く、「我々は、この製品がパーソナルなものであり、感情を呼び起こすものであり、喜びをもたらしてくれるものであることを望んでいるからだ」と。
http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0505/13/news002.html

何だか、私には良く分からない説明です。
結局、360とは、個人の周囲全てのメディアっていう意味なんでしょうか?
誰もが思う理由「Xbox2という名前にして、PS2を追い掛けているという誤解を、与えたくなくて、大きな数字にした」というような説明をいれてくれると分かりやすいのですが。
次ぎの名前は一体どうするすもりなのか、気になりますね。

で、私としては、360がついているのは、CPUが変わったからだと思います。
今回からCPUが、IBMのPowerPCに変わりますね。(CPUの種類は異なるけど、Game Cubeや、Macと同じアーキテクチャかな。MacがPowerPCになった時は、PowerMacになりましたね。)
IBMといえば、かつてコンピュータと言えば、大型計算機でありIBMのことであった時代、IBM System/360 っていう大型計算機の標準ともいうべきアーキテクチャがありました。
そして、今回Xboxは、ゲームの世界の標準となるべく、360にあやかっているような気がします。単なる私の思いつきですが。

後、全く関係ない話ですが、スター・ウォ−ズ エピソード3のレビューがぼちぼち出始めているので、yahooの翻訳で訳していたら、「STAR WARS SAGA」が「スター・ウォ−ズ佐賀」と訳されました。笑。

【追記】
Xbox 2 PowerPC  → Xbox 2P  → Xbox 2π → Xbox 360
って変遷も考えられますね。ちょっと強引。


iPod shuffleラプソディ [パソコン]

昨日オープンした地元のAppleStoreに、もう空いている頃合かと思い、
昼過ぎに、ぶらりと立ち寄った。
相変わらず混んでいたが、すんなり入れた。

居心地の良さそうな、洒落た店内である。
透明の階段を上ろうとしたら、
店員さんが、iPod shuffleを20個程度、両手に抱えて、上がろうとしていた。
追加入荷したばかりの様だった。

「一ついいですか」と、つい口から出た。
「どうぞ」と言って手渡され、気付くと一つ手に取っていた。
512MBモデルだった。 とっても小さくて可愛い。
液晶が無くても、軽くてシンプルなのが良いと思う。
欲しくなる。税込みで10,980円。

近くの人の「1GBモデルは?」の質問に、店員さんは「品切れです」と答えていた。
これしかないと思うと、益々欲しくなる。

パッケージをひっくり返すと、動作環境が書いてあった。
Mac OSXv10.2.8または、v10.3.4以降、
Windows2000 ,Windows XP Home Edition等々。
USB接続。

私が普段使っているのは、かなり古いiMacG3の2代目(5色の時代のです)。
Mac OS 9.2をメインにして、稀にMac OSX v10.1を使っている。

動作環境には、少し無理なようだが、
もう一台、WindowsXP/PC(普段はあまり使っていない。)があるので、
いざとなれば何とかなる。
すでに、追加入荷された512MBモデルは、姿を消している。
手にできたの者は幸せである。買うことにした。

家に帰って、まず、確実なWindowsXP/PCにソフトをインストールして見た。
所が、困ったことに、PCのUSBポートの回りが狭くて、
iPod shuffleが接続できない。
後から、ケーブルでも買えば何とかなるだろう。
取り合えずアプリケーションのiTunesだけでもと考え、適当にインストールした。

それから、メインに使っているiMacにインストールを試してみた。
iTunesは、昔はMacOS9版があったのだが、最近のはMacOSX版しかない。
iTunesをMac OSX v10.1にインストールしようとすると、エラーが出てできない。
調べると、Mac OSX v10.1.5ならインストールできるようだ。
それではと、数年ぶりにMac OSX v10.1.5にupgradeした。(結構時間かかりました。)
その後、iTunes4.7.1をインストールすると、あっさりインストールできた。
ラジオ機能や、Music Storeの試聴をしてみた。
これだけでも嬉しい。

しかし、肝心のiPod shuffleは、接続しても外部デバイス、
則ち、メモリ・スティクの様にしか認識しない。
iTunesからは、認識できないのだ。
しかたなく、音楽ファイルを手で移したり色々試みたが、聴くことはできない。
(著作権の保護とかの関係で、iTunesを通してしか操作できなくなっているのかな?)

昨夜、いろいろ考えた。
 Mac OSX v10.3を買うか?15,540円もするぞ。
 それに、今年前半にも Mac OSX v10.4 Tigerがでる。
 そもそも、iMacにインストールに必要な3G?の空き容量は無い。(悲しい。。)
 PCかMacの新しいのを買うか?予想外の大出費だ。。
 次第に弱気となる。
 ちょっと高級なメモリ・スティクを買ったと思えば良いじゃないか。
 メモリ・スティク欲しかったし。(本心じゃないだろう。。)
寝つけなかった。

今朝、手始めに、近所のCompMartで、USBの延長ケーブルを買った。
500円だった。
純正の3570円するiPod Shuffle dockではないので、繋がるかどうか不安だったが、
これを使ってiPod shuffleをWindowsXP/PCに接続した。
簡単に認識した。でかした500円ケーブル!

しかし、iMacの時と同じく外部デバイスとして認識しており、
iTunes4.7.1は、ちっとも、iPod shuffleを認識してくれない。
簡単な再インストールを何回かやったが駄目であった。

最後に、祈る気持ちで、
iTunes4.7.1を削除して、もう一度最初からインストールした。
そして、iPod shuffleを繋ぐと、あっさり認識した。
拍子抜けであった。
最初に適当にインストールしていたのが、良く無かったのである。。
余計なことをして、自業自得だった訳である。

早速、お気に入りの曲をiTunes4.7.1からiPod shuffleに転送した。
これもすんなり行く。
iPod shuffleをPCから外し、恐る恐る再生ボタンを押す。
ヘッドホーンからメロディが流れる。感動!

カセット式のウォークマンを使っていた15年以上前の日々のことを思い出す。
あの頃は、重かった。巻き戻したり、好きな曲を探すのに時間がかかっていたし、
バッテリもすぐ無くなった。カセットもいくつも持ち運んでいた。
それでも、好きな曲が好きな時に聞けて楽しかったのだ。

これからは、iPod shuffleをほぼ毎日使うことになると思う。
愉しみ。


Windowsの名前の秘密に迫ってみるけど迫れるか [パソコン]

IBMのPC部門が中国の企業に売却されるというニュースには驚きました。
IBMと言えば、IBMの各々の文字を1文字前にすると、HALになるという話しが有名ですね。
(2001年宇宙の旅の作者、アーサーCクラークは、否定していたと思いますが。)

Windowsについては、こんな話しをどこかで読んだことがあります。
「WNT(WindowsNT)の開発者は、その前にVAX/VMSの開発をしていた人で、
VMSを1文字づつ進めると、WNTになると。」

それで私は、WNTの次ぎはどうなるのだって、ふと思ったのです。
Wを1文字進めると、X
Nを2文字進めると、P
Tを3文字進めると、W

則ち、WNTからXPWができあがり、Wに前に来てもらえば、WXP(WindowsXP)
ではないかと。
かなり強引ですが。。。


パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。